坐骨神経痛

このようなお悩みはありませんか?

  • 何もしていないのにお尻から足にかけて痺れを感じる
  • 座っている時や、しゃがんだ時にお尻から足にかけて痛みを感じる
  • 立ちっぱなしや、歩いている最中にお尻から足にかけて痛みを感じる
  • 寝ている時にお尻から足にかけて痛みがあり、眠れない
  • リハビリをしたり、薬を飲んだりしても状態が改善されない

そのしびれ、まだあきらめないで!

坐骨神経痛とは?|| 横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院

坐骨神経痛とは、病名ではなく下肢にあらわれる症状の総称で、お尻から下肢にかけて痛みやしびれが続く状態を指し、腰椎の4番目から仙椎の3番目の間から出る坐骨神経が圧迫されたり、伸ばされたりした時に生じます。

坐骨神経は、人体の中で最も太く、長い神経で、
お尻にある梨状筋(りじょうきん)という筋肉の下を通過して、下肢全体に分布されています。坐骨神経に沿って腰、お尻、ももの裏、ふくらはぎ、足先にかけて、痛みや痺れが生じるのが坐骨神経痛です。

 

 

 

 

 

 坐骨神経痛の大半は、腰椎の椎間板ヘルニアや筋肉の緊張による坐骨神経の圧迫が原因と言われています。坐骨神経痛は横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院でも日頃からよくみられる疾患の一つで、特に座り仕事や中腰姿勢の多いお仕事をされている方によくみられます。
好発年齢は、30代~40代です。

 

坐骨神経痛の原因とは?|| 横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院

 坐骨神経痛の原因として最も多い原因は、腰椎椎間板ヘルニアと言われています。

 

背骨と背骨の間にある椎間板というクッションが、
何らかの原因で潰れて坐骨神経を圧迫して
起こる疾患です。

 

 

その他にも、脊柱管狭窄症梨状筋症候群腰椎圧迫骨折なども原因とされています。
腰部脊柱管狭窄症は腰を後ろに反らすと腰や足が痛み、
腰椎椎間板ヘルニアは前かがみになったときに痛みを感じます。

これらは背骨の変形や背骨付近を通る神経の管の狭窄、お尻の筋肉が固まることにより、
坐骨神経痛を起こしてしまいます。

これらの疾患はX線検査(レントゲン)やMRI検査により
原因を特定できる事ができます。

その他の原因には、加齢による筋力低下や、立ち姿勢や座り姿勢などの不良姿勢からくる
筋肉の緊張も坐骨神経を引き起こす原因とされています。

 

坐骨神経痛の症状 || 横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院

 坐骨神経痛の特徴的な症状は、
坐骨神経の走行に沿って、
お尻・足の後ろ側・脛・ふくらはぎに、
痛み・しびれ・まひなどが生じることです。
また、足先にかけて張り灼熱感(燃えるような痛み)締めつけ感を感じることもあります。
これらの症状は、片側に生じる場合がほとんどですが、両側に現れる場合もあります

 

 症状が悪化すると、立っているだけでつらかったり、座っていても痛んだりといった状態になり、日常生活に支障が出てしまう場合もあるので注意が必要です。

 

横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院での坐骨神経痛の施術方針

 

 整形外科などでは画像診断(X線検査やMRI検査)や、薬物療法などを行っています。薬物療法では筋緊張弛緩剤や消炎鎮痛薬、血管拡張薬などが処方されます。また、その他に神経ブロック注射や物理療法(リハビリ)、手術などもあります。しかし、画像診断や薬物療法、物理療法、手術だけを行っても患者様を根本的に改善すること出来ません。なぜなら、坐骨神経痛の原因の解消を行なっていないからです。薬などの効果により一時的に症状が改善したとしても、お仕事や日常生活を送る中でクセづいた身体の使い方などにより、坐骨神経痛の再発リスクがあると考えられるからです。

 

 横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院では、坐骨神経痛の原因は、背骨や骨盤帯の歪み、筋力の低下や左右の筋力差から生じるものだと考えています。
しかし、原因は患者様によって様々です。
横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院では、
患者様にしっかりとお話を伺い、検査を行い、原因を特定して、
「お身体を根本的に改善すること・QOL(生活の質)を向上させること」
を目標に施術プランを作成しています。

 

 原因を特定していく中で、身体の歪み(エラー)を見つけて、固まった筋肉に対してほぐしたり、時にはストレッチをかけたり、簡単なトレーニングをしたりと様々な方法で
患者様の根本改善をサポートさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 根本的にお身体が良くなったら次はQOL(生活の質)の向上です。
根本改善では固まった筋肉をほぐしたり、関節の動きが悪くなったところへストレッチしたりしました。QOL(生活の質)を向上させるためには施術をしてほぐれた筋肉や、動かしやすくなった関節を、トレーニングなどの運動療法を用いて、筋肉の活動を活発にしていきます。
そうする事によって、坐骨神経痛などの痛みがあり、生活の中で困っていた動作が出来るようになり、痛みや痺れなどがあることにより諦めていたスポーツや趣味なども再び楽しめるようになっていきます!

 

 私たち横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院スタッフと一緒に坐骨神経痛を改善していきませんか?お気軽にご相談・お問い合わせください。

 

横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院 ご案内

LINE予約

メディカル・ブルー整骨院

メディカル・ブルー整骨院地図

住所

〒240-0013
横浜市保土ヶ谷区帷子町2-69

アクセス

平日は夜20時まで受付!土曜日も受付!

受付時間(予約優先制)

【受付時間】9時~21時

△:18:00まで

tel:045-333-6700

PAGE TOPへ