四十肩・五十肩

このようなお悩みはありませんか?

  • 腕が上がらず、洗濯物が干せない
  • 腕を外側に回せず、洋服が着られない
  • 肩が痛くて、つり革につかまれない
  • シャンプーや髪を結う動作が痛い
  • 寝返りを打つと肩が痛い

 

肩こりとは違うその症状、

それは「四十肩・五十肩」とよばれる

「肩関節周囲炎」かもしれません!!

四十肩・五十肩とは??

 四十肩・五十肩は40代以降の人に発症することが多い肩関節疾患です。
四十肩・五十肩は肩関節に痛みをもつ肩関節障害に対し与えられた俗称であり、
肩関節周囲炎や癒着性関節包炎、肩峰下滑液包炎、腱板炎などの総称です。
症状が重くなると肩関節の可動域が狭くなり日常生活に支障が出たり、
痛みで睡眠が妨げられることもあります。

症状が改善されるまでに、
短いと1~2週程度ですが場合によっては1~2年程かかることもあります。

 

 肩の症状としてよく肩こりと混同されますが、全く別の症状です。
見極めるポイントは「肩を動かせるか」。
肩こりで肩関節が動かないということはありませんが、
四十肩・五十肩は肩関節の可動域が狭くなってしまいます。
また、肩こりは鈍痛なのに対して、四十肩・五十肩は鋭い痛みなのも特徴です。


肩こり以外にも「腱板断裂」など四十肩・五十肩と見分けがつきにくい疾患もあります。

四十肩・五十肩の原因と症状

◎原因

 原因は完全には判明していませんが、加齢や悪い姿勢による筋肉、腱などの性質変化(柔軟性の低下)や血液循環の悪化により、肩関節の「腱板」が炎症を起こし「関節包(関節の潤滑液)」に広がることが原因と考えられています。

 

 

◎症状

四十肩・五十肩は、
痛みの強い【炎症期】と、
痛みが落ち着いているが思うように動かせない【拘縮期】、
痛みが改善する【回復期】に分けられ、
ほとんどの場合、経過と共に痛みは改善していきます。

 

【炎症期】(急性期)

動かすときに痛みが出始めるため動かせる範囲が狭くなります。
それとともに安静時痛、夜間痛も出現し徐々に拘縮が進行していきます。

 

【拘縮期】(慢性期)

急性期の痛みにより、動かさない状態が続く事で関節が硬くなり、
動かせる範囲が狭くなります。
過度に肩関節を動かした時に強いつっぱり感を感じる事があります。

夜間痛、安静時痛は軽減されていきます。

 

【回復期】

徐々に痛みが改善し動かせる範囲が広がっていき、動かしても痛みが出にくくなります。

メディカル・ブルー整骨院での四十肩・五十肩の施術方針

当院では四十肩・五十肩の症状に合わせて施術を行います。

 

【炎症期】

炎症期に大切なことは炎症が早く収まるように「極力肩関節に負担をかけないこと」です。
炎症期は腕の重さだけでも痛みの原因になるため日常生活の指導も行います。
また、肩に負担をかけやすい筋肉を緩めて炎症を治まりやすくします。

この時期は強い痛みが出るので、肩にかかる負担を減らして早めに次の段階へいけるようにしていきます。

 

【拘縮期】

拘縮期になると安静時痛や夜間痛が減り少しずつ動かしていけるようになります。

この時期に大切なことは「肩関節に負担をかけずにより早い段階で関節可動域を確保していくこと」です。
炎症期では動かさないようにしていた肩関節の周りの筋肉や靭帯を改善し、
無理のない範囲で肩関節を動かして可動域を獲得します。
周りの筋肉が硬い状態で無理に動かそうとすると再び炎症を起こし、
他の部分に痛みを出す可能性もあります。

継続的に施術をして、長引かせないようにしていきます。

 

【回復期】

痛みがほぼ無くなり可動域も広がり、
患者様の感覚としては「ほぼ改善した」と思う方が多いと思います。

この時期に大切なことは姿勢、骨盤を整えていきながら
肩関節にかかる負担を軽減していくことです。
せっかく治っても、悪い姿勢や間違った体の使い方をしていると再発させてしまいます。
再び強い痛みに苦しむことにならないように根本から改善させていきます!

横浜市保土ヶ谷区メディカル・ブルー整骨院 ご案内

LINE予約

メディカル・ブルー整骨院

メディカル・ブルー整骨院地図

住所

〒240-0013
横浜市保土ヶ谷区帷子町2-69

アクセス

平日は夜20時まで受付!土曜日も受付!

受付時間(予約優先制)

【受付時間】9時~21時

休診日:日曜

tel:045-333-6700

PAGE TOPへ